商品コード:
DJI-ROBOMASTER-K1

DJI RoboMaster S1+ゲル弾 【教育用インテリジェントロボット(組立キット)】

希望小売価格(税抜):
60,000
(税込: 66,000 円)
販売価格(税抜):
60,000  円
(税込: 66,000 円)
ポイント: 600 Pt
メーカー:
DJI
【商品説明】
DJIの教育用インテリジェントロボットRoboMaster S1では、刺激的な機能とゲームプレイを通じて、ロボット工学、プログラミング、そしてAIの世界を深く学ぶことができます。

DJI 知的教育ロボット RoboMaster S1発売!


購入後の組立・初期設定手順

RoboMaster S1はこんな人におススメ!

ScrachやPythonといったプログラム言語を楽しみながら学びたい学生や社会人におススメです!


各項目をクリックしてください。












[1] 現在、Pythonベータ版のみが利用可能です。
[2] 構成部品には次の部品が含まれます。:モーター x 7、ヒット検出センサー x 6、 赤外線センサー x 7、ビジュアルセンサー x 1、マイク x 1、スピーカー x 1、 ジャイロスコープ x 2、LEDライト x 21 これら全ての部品で操作したり、構成したりすることができます。
[3] PWM(パルス幅変調)は、一般的にサーボ、LED、ドライバーなどのアクチュエーターを制御するために使用される技術です。PWMの使用については、製品ウェブサイトページのプログラミングガイドの文書を参照してください。



【カメラ】
FOV 120°
静止画 最大解像度 2560x1440
動画 最大解像度 フルHD: 1920×1080 30p
HD: 1280x720 30p
動画 最大ビットレート 16Mbps
写真フォーマット JPEG
動画フォーマット MP4
センサー CMOS 1/4インチ″、有効画素数:5MP
動作環境温度 -10 ~ 40 °C
【狭帯域赤外線ユニット】
有効範囲[1] 6 m (屋内の照明環境下)
有効面積 10° ~ 40° で変化
目標物からの距離が離れると、有効面積は減少。
【広帯域赤外線ユニット】
有効範囲[1] 3 m (屋内の照明環境下)
有効幅 360° (屋内の照明環境下)
【ヒット検出センサー】
検出条件 ヒット検出センサーを有効にするには、次の条件を満たす必要があります。:ゲル弾の直径≧6mm、発射速度≧20m/秒、打撃の方向と検出面との角度が45°未満。
最大検知頻度 15 Hz
【S1】
重量 約3.3 kg
サイズ 320×240×270 mm (長さ x 幅 x 高さ)
シャーシ速度範囲 0~3.5 m/s (前方)
0~2.5m/s (後方)
0~2.8m/s (左右)
シャーシ最大回転速度 600°/秒
【M3508I ブラシレスモーター】
最大回転速度 1000 rpm
最大トルク 0.25N*m
最大出力電力 19W
動作環境温度 -10 ~ 40 °C
ドライバー FOC
制御方法 閉ループ速度制御
保護 過電圧保護
過熱保護
ソフトスタート
短絡保護
チップとセンサーの異常検出
【ブラスター】
制御可能発射頻度 1~8発/秒
最大発射頻度 10発/秒
発射初速度 約26m/秒
平均装填数 約430発
【ジンバル】
操作可能範囲 ピッチ:-20° ~ +35° ヨー:±250°
機械的な可動範囲 ピッチ:-24° ~ +41° ヨー:±270°
最大回転速度 540°/秒
振動制御精度(平面設置時でブラスターがアイドル状態の時) ±0.02°
【インテリジェント コントローラー】
遅延(環境条件およびモバイル端末に依存) Wi-F経由接続:80-100ms
ルーター経由接続:100-120ms
(障害物、電波干渉のない状態)
ライブビュー品質 720p@30fps
ライブビュー最大ビットレート 6Mbps
動作周波数 2.4 GHz、5.1 GHz、5.8GHz(日本では使用不可)
操作モード Wi-Fi経由接続、ルーター経由接続
最大伝送距離(障害物、電波干渉のない場合) Wi-F経由接続:
FCC, 2.4GHz 140m, 5.8GHz 90m
CE, 2.4GHz 140m, 5.8GHz 70m
SRRC, 2.4GHz 130m, 5.8GHz 130m
MIC(日本), 2.4GHz 140m
ルーター経由接続:
FCC, 2.4GHz 180m, 5.8GHz 300m
CE, 2.4GHz 180m, 5.1GHz 100m
SRRC, 2.4GHz 180m, 5.8GHz 300m
MIC(日本), 2.4GHz 170m, 5.1GHz 180m
伝送電力(EIRP) 2.400~2.4835GHz
FCC: ≤30 dBm
SRRC: ≤20 dBm
MIC(日本): ≤20 dBm
5.170~5.25GHz
FCC: ≤30 dBm
SRRC: ≤23 dBm
MIC(日本): ≤23 dBm
5.725~5.850GHz
FCC: ≤30dBm
SRRC: ≤30dBm
伝送規格 IEEE802.11a/b/g/n
【インテリジェント バッテリー】
容量 2400 mAh
充電電圧公称値 10.8V
最大充電電圧 12.6V
バッテリータイプ LiPo 3S
電力 25.92 Wh
重量 169 g
動作環境温度 -10 ~ 40 °C
充電温度範囲 5 ~40 °C
最大充電電力 29W
使用時のバッテリー駆動時間 35分(平面上で2.0m/秒の定速走行で測定)
スタンバイ状態でのバッテリー駆動時間 約100分
【充電器】
入力 100-240V、50-60Hz、1A
出力 ポート:12.6V=0.8A または 12.6V=2.2A
電圧 12.6V
定格電圧 28W
【ゲル弾】
直径 5.9~6.8 mm[2]
重量 0.12~0.17 g[2]
【アプリ】
アプリ RoboMaster
iOS iOS 9.0以降
Android Android 5.0以降
【ルーター】
推奨ルーター TP-Link TL-WDR8600、TP-Link TL-WDR5640(中国)
TP-Link Archer C7、NETGEAR X6S(中国以外の国)
ルーター用推奨屋外電源供給方法 ノートPC用パワーバンク(ルーターの入力電力と一致する必要あり)
【microSDカード】
対応SDカード 最大容量64GBのmicroSDカードに対応
【その他】
1. 赤外線ユニットの使用は、屋外や赤外線が多く使用されている屋内環境下では影響を受けます。
2. ゲル弾が使用可能なサイズに膨張するまで、水に4時間浸す必要があります。
※仕様・同梱物は予告なく変更となる場合がありますのでご了承ください。

ロボットの機械的な構造と、プログラミング制御に関する知識をより深めることができます。


1. 概要

ロボット工学の歴史と進化を学び、RoboMaster S1の様々な構成部品を分析し、さらに理解を深めてください。

2. PID制御

ブロックプログラミングを介した自動制御の原則を学んで、相手を発見し、攻撃するタスクをコンプリートしてください。

3. メカナムホイール

S1が全方向移動を可能にする、驚異的なホイールの原理と成立ちについて学んでください。

4. ジンバル

ジンバルの構成部品と制御原則を理解し、連続攻撃で新しいスキルを試すこともできます。

商品レビュー

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。