ドローン初心者におススメ! はじめてのドローン選び方!

「ドローンを始めてみたいけど、何を買ったらいいのかわからない!」

実際に数あるドローンの中から、何を基準に選べばいいのか、ドローンごとにそれぞれ特徴があるので、ある程度知識がないとわからないこともあると思います。
そこでこのページでは、そんな悩みをお持ちの皆さんのために、ドローンステーション厳選のドローンをパターン別に分けて選んでみました。

こちらを参考に今こそドローンデビューしましょう!!



国土交通省への飛行申請などは気にせず、まずは手軽にドローンを飛ばしたい、ということでしたら、重量が200g以下のトイドローンから選ぶことになります。
各メーカーから様々なトイドローンが発売されていますが、その中でも抜群の安定性を誇るRyze Tello(テロー)がおすすめです。

Telloは80gと軽量なドローンなので飛行申請は不要! 機首部分には5メガピクセルの小型カメラが搭載されており、HD720p30fps対応の動画撮影も可能です。
Scratchというものを使ってプログラミング飛行もできるので、お子さんのプログラミング教育にも利用できます。

構成部品によっていくつか種類があるので、ご予算に合わせてお選びください。
DJI-TELLO-K1

Tello

希望小売価格 ¥11,852(税別)

¥11,852(税別)

詳しくはこちら
DJI-TELLO-C1

Tello Boost コンボ

希望小売価格 ¥17,500(税別)

¥17,500(税別)

詳しくはこちら
PE-TELLO-C5

Tello【ドローン入門セット】(ショルダーバッグ)

希望小売価格 ¥24,009(税別)

¥23,380(税別)

詳しくはこちら
PE-TELLO-C7

Tello FPV フルセット(ショルダーバッグ付き)

希望小売価格 ¥25,299(税別)

¥24,900(税別)

詳しくはこちら

なるべくコストを抑えたい人には、DJIのエントリーモデルドローン、「SPARK」がおすすめです。
SPARKの基本モデルは50,741円(税別)という低価格にも関わらず、GPS装備、自動帰還、といったことに加え、前方の障害物センサーなども装備した高性能なドローンとなっています。
1/2.3インチCMOSセンサーを搭載した12MPカメラと、豊富なクイックショット機能で、簡単に高画質な空撮映像を撮影することができます。
コンパクトサイズなので携帯性も高く、本格的な空撮をこれから楽しみたい人に、まさにオススメの1台です。

DJI-SPARK-C6

SPARK コントローラーコンボ(アルペンホワイト)

希望小売価格 ¥50,741(税別)

¥50,741(税別)

詳しくはこちら
DJI-SPARK-C1-20180301

DJI SPARK FLY MORE COMBO

希望小売価格 ¥85,000(税別)

¥67,408(税別)

詳しくはこちら
PE-SPARK-BIGINNER-C1

SPARK FLY MORE COMBO 【ドローン入門セット】

希望小売価格 ¥93,470(税別)

¥73,000(税別)

詳しくはこちら

価格と性能のバランスの良さなら、ズバリ「MavicAir」です。
アームを折りたたんでコンパクトなサイズにできる携帯性の良さが魅力です。 アームを折りたためば前述の「SPARK」よりも小さくなるという驚きのコンパクトさです。
また多くの人がドローンを買ってから気になることですが、ドローンを持ち運ぶとき、送信機のスティックが意外と邪魔になるんですよね。 そのため、スティックを覆うカバーを後から購入する人が多いです。
MavicAirは送信機のスティックが取り外しできるので、カバンの中にしまうのにも邪魔にならずスムーズです。
映像のブレを制御するカメラジンバルという部分は、上位機種と同じ3軸ジンバルという機構を採用しています。
そのため、縦揺れだけでなく、横の揺れに対してもブレを抑制してくれるます。

DJI-MAVICAIR-K

MAVIC AIR

希望小売価格 ¥96,296(税別)

¥96,296(税別)

詳しくはこちら
DJI-MAVICAIR-C1

MAVIC AIR FLY MORE COMBO

希望小売価格 ¥119,445(税別)

¥119,445(税別)

詳しくはこちら
PE-MAVICAIR-BIGINNER-C1

MavicAirFLY MORE COMBO 【ドローン入門セット】

希望小売価格 ¥133,104(税別)

¥126,500(税別)

詳しくはこちら

「安いドローンを買っても、どうせ後からもっと良いのが欲しくなる。 だったら最初からそれなりに良いものを買いたい!」
そんな人におススメなのは「Mavic2シリーズ」です。
こちらは「Mavic2Pro」と「Mavic2Zoom」という2種類があります。

【Mavic2Pro】
ハッセルブラッドというカメラメーカーの1インチCMOSセンサーを搭載したカメラが標準装備です。
世界的に有名なメーカーのカメラなだけあって独特の色合いでの表現が可能です。
幅広いレンジで絞りの調整が可能なだけでなく、HDR動画撮影にも対応しているなど、プロの現場でも活躍できるスペックを誇ります。
機体本体はDJIの機体としては初めての全方向障害物センサーを搭載しており、前後左右だけでなく上下も含めたすべての方向の障害物を回避するという驚きの性能を持っています。
撮影した画像や動画にこだわりのある方はおすすめのドローンです。

DJI-MAVIC2-K1

Mavic 2 Pro

希望小売価格 ¥179,630(税別)

¥179,630(税別)

詳しくはこちら
PE-MAVIC2-C3

Mavic 2 Pro エコノミーセット

希望小売価格 ¥198,620(税別)

¥194,800(税別)

詳しくはこちら
PE-MAVIC2-C1

Mavic 2 Pro コンボセット

希望小売価格 ¥240,964(税別)

¥222,130(税別)

詳しくはこちら
PE-MAVIC2-C5

Mavic 2 Pro 入門セット

希望小売価格 ¥240,070(税別)

¥229,000(税別)

詳しくはこちら
【Mavic2Zoom】
「Mavic2Zoom」は今回紹介しているドローンの中で唯一光学2倍ズームレンズを搭載しており、デジタルズームと合わせると最大で4倍の拡大率で撮影することができます。
その恩恵としてこの機体だけの機能として、空間が歪んでいくような視覚効果で見せることができるドリーズームという撮影技法で簡単に楽しい映像を撮影することができます。
もちろん、機体はMavic2Proと同じですので、全方向障害物センサーを搭載しています。
他のドローンとは一味違った撮影の出来る高性能ドローンが欲しい人にぜひ使ってほしいドローンです。
DJI-MAVIC2-K2

Mavic 2 Zoom

希望小売価格 ¥150,000(税別)

¥150,000(税別)

詳しくはこちら
PE-MAVIC2-C4

Mavic 2 Zoom エコノミーセット

希望小売価格 ¥168,990(税別)

¥165,900(税別)

詳しくはこちら
PE-MAVIC2-C2

Mavic 2 Zoom コンボセット

希望小売価格 ¥211,334(税別)

¥192,500(税別)

詳しくはこちら
PE-MAVIC2-C6

Mavic 2 Zoom 入門セット

希望小売価格 ¥210,440(税別)

¥199,900(税別)

詳しくはこちら
いかがでしたか?
最後に今回ご紹介したドローンの比較表を掲載いたします。
それぞれの良さを確認していただき、ドローンライフの初めの一歩を踏み出してください。

ドローン Tello SPARK MavicAir Mavic2Zoom Mavic2Pro
本格的ドローンでデビューしたい
飛行申請を考えず手軽に飛ばしたい
少しでも安く抑えたい
カメラ・画質にこだわりたい
いろんな撮影を自動で行いたい
ズーム機能が欲しい
障害物にぶつからないようにしたい
少しでも長く飛ばしたい
風が吹いても安定して飛ばしたい
プログラミングして飛ばしたい


ドローン Tello SPARK MavicAir Mavic2Zoom Mavic2Pro
主な特長 重量80gのトイドローン
自動離陸/自動着陸
フェールセーフ保護機能
Scratchを使ってプログラミング可能
小型でコンパクト
クイック起動
障害物検知
12 MP カメラ
ジェスチャーコントロール
クイックショット
アクティブトラック
32MPスフィアパノラマ
折りたたみ設計&優れた携帯性
3軸ジンバル& 4Kカメラ
3方向障害物検知
スマートキャプチャー
最大飛行時間21分
高度操縦支援システム(APAS)
光学2倍ズーム
ロスレス4倍FHD動画
最大伝送距離8kmの1080p動画伝送
最大飛行時間31分
全方向障害物検知
ハイパーラプス
Hasselbladカメラ
20 MP 1インチCMOSセンサー
最大伝送距離8kmの1080p 動画伝送
最大飛行時間31分
全方向障害物検知
ハイパーラプス
寸法 98×92.5×41 mm 143×143×55 mm (L×W×H) たたんだ状態:
168×83×49 mm (L×W×H)
たたんでいない状態:
168×184×64 mm (L×W×H)
たたんだ状態:
214×91×84 mm (L×W×H)
たたんでいない状態:
322×242×84 mm (L×W×H)
たたんだ状態:
214×91×84 mm (L×W×H)
たたんでいない状態:
322×242×84 mm (L×W×H)
重量 約80 g 300 g 430 g 905 g 907 g
飛行性能 最大飛行時間: 13分
最大速度: 8 m/s
最大飛行時間: 16分
最大速度:
50 km/h (S-モード[1])
21 km/h (P-モード)
最大飛行時間: 21分
最大速度:
68.4 km/h (Sモード[1])
28.8 km/h (Pモード)
最大飛行時間:31分
最大飛行速度:
72km/h (Sモード[1])
最大飛行時間:31分
最大飛行速度:
72km/h (Sモード[1])
インテリジェント・フライトモード バウンスモード
8Dフリップ
Throw&Go
Up&Away
EZショット
アドバンスト ジェスチャー
クイックショット
アクティブトラック
タップフライ
トライポッド
アクティブトラック
クイックショット
スマートキャプチャー
タップフライ
トライポッドモード
シネマティックモード
ポイント・オブ・インタレスト
ハイパーラプス、ドリーズーム、超高解像度写真、アクティブトラック、トライポッドモード、タップフライ、POI、ウェイポイント ハイパーラプス、クイックショット、アクティブトラック、トライポッドモード、タップフライ、POI、ウェイポイント
撮影 写真: 5MP(2592x1936)
視野角( FOV ): 82.6°
動画: HD720p30
EIS(電子式映像ブレ補正): 対応
2軸メカニカルジンバル + ウルトラスムーズ
1/2.3インチCMOS
最大動画解像度: 1080 p
最大写真解像度 1,200万画素
3軸メカニカルジンバル
1/2.3インチCMOS
最大動画解像度:4K @30 fps
最大写真解像度:12 MP
3軸メカニカルジンバル
1/2.3インチCMOS
最大動画解像度:4K @30 fps
最大写真解像度:12 MP
3軸メカニカルジンバル
1インチCMOS
最大動画解像度: 4K @30 fps
最大写真解像度: 20 MP
障害物検知 なし 前方障害物認識: 0.2~5 m 前方障害物検知:0.5~12 m
後方障害物検知:0.5~10 m
前方障害物検知:0.5~20 m
後方障害物検知:0.5~16 m
側面障害物検知:0.5~10 m
上方障害物検知:0.1~8 m
下方障害物検知:0.5~11 m
前方障害物検知:0.5~20 m
後方障害物検知:0.5~16 m
側面障害物検知:0.5~10 m
上方障害物検知:0.1~8 m
下方障害物検知:0.5~11 m
最大伝送距離(障害物や電波干渉がない場合) 最大飛行距離: 100 m
最大飛行高度: 30 m
500m 2000m 5000m 5000m